Sar/on rails

Composed by Ryo Morita


Sar/on railsはインドネシアの民族音楽「ガムラン」の根底に存在する精神「ラサ」に着想を得た音楽作品である。
ガムランは、音響や独特な音階から得られる異国情緒に目が向きがちだが、本作品ではガムランの楽器に共通する奏法に着目した。
ガムランを演奏する際の「音板を叩くと同時に一つ前に叩いた音を止める」という、動作を反復することから生まれる独特のフロー体験を一種のラサであると捉え、このラサを最小限の動作・音楽の構成要素から得る。

本作品ではジャワガムランのサロン音板・自作の消音用音板・自作のトーラス型楽器台を用いる。 楽器台は最小限の動作から「ラサ」を得るための構造として考えられたものである。
奏者たちは指定された動作を繰り返すだけだが、交換手が適宜音板を交換することによって音楽は進行し、妙味が生まれる。

また作品の進行は指示書によって規定されており、2 名の奏者が指定された動作で演奏しながら台の周りを移動すると同時に、1人の交換手が音板を適宜交換することによって音楽の進行や妙味が生み出される。


仕様

演奏者 2名 + 交換手 1名 合計 3名

required 3 people (2 Player + 1 Sorter)

楽器台(木材) W1120 * D1120 * H880 mm

Stand(Wood) W1120 * D1120 * H880 mm

Saron barung音板 28枚

28 tuned bars of Saron barung

消音用音板 28枚

28 bars for mute

木製マレット 2本

2 wooden mallets

指示書

Instruction

指示書

最新のものはVer2.1であり、これは2019年11月の#2、#3初演後に改定が加えられたものとなる。
The latest version is Ver2.1, which is revised after the premiere of #2 and #3 on November 2019.

表示されない場合・Downloadはこちら


ノート

2019/11/30 第40回JSSA先端芸術音楽創作学会研究会にて、作品の概要・制作過程に触れた創作ノートの発表を行った。
On 30th November 2019, I presented a paper about process and outline of Sar/on rails at Japanese Society for Sonic Arts.
Downloadはこちら

アーカイブ

"Sar/on rails" by Ryo Morita
Player: Kenta Suzuki, Asumi Hoshi, Ryo Morita

@IAMAS OPEN HOUSE 2019 2019/07/27


作曲者について

森田 了
Composer, Illustrator, Designer

1995年生まれ。東京都出身。
2018年東京音楽大学作曲指揮専攻(作曲)卒業。同大学音楽学課程修了。
情報科学芸術大学院大学(IAMAS)メディア表現研究科に在学中。
大学在学中からガムランの演奏・研究を行い、現在はIAMASにてガムランの拡張に関する研究を進めている。

Apr 2014 - Mar 2019
Tokyo Collage of Music, JAPAN (Bachelor of Composition for Fine Art)
Apr 2018 - current
Institute of Advanced Media Arts and Sciences, JAPAN
Studying and playing Java Gamelan since 2014, now researching about extensibility of Gamelan at IAMAS.

お問い合わせはこちら
mrt@signalcompose.com